熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:1850
2008年4月28日作成(2018年6月5日更新)
 都市計画税を支払っているのに、受益者負担金も支払わなければならないのはどうしてですか?
登録されている分類 [ 下水道利用・計画 ]
都市計画税を支払っているのに、受益者負担金も支払わなければならないのはどうしてですか?  
 回答いたします
都市計画税は、都市計画区域内にある土地家屋を対象として、道路、公園、下水道などの都市施設を建設する都市計画事業に要する費用に充てるために、毎年度賦課される目的税です。税の性格上、受益の有無には直接関係なく納税しなければいけません。

 一方、受益者負担金は、下水道が整備されると下水道の使用が可能になるという特別の利益を得ることに着目して下水道整備費の一部を一度限り負担してもらう制度です。

道路・公園などと違って下水道は使用者が特定されるため、税金のみで整備することは公平性を欠くことになり、受益者負担金のお支払いをお願いしています 。  
 関連するホームページ(関連リンク)
 関連する質問
 担当課
■上下水道局 総務部 給排水設備課
 TEL:096-381-1153
 E-MAIL:suidoukyuhaisui@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.