熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
  検索中のキーワード
[ 分類 ] 防災・消防・防犯
   
[ キーワード ]

  ご質問一覧 全81件 (31〜40件目)123456789

 消防設備点検資格者の講習(本講習、再講習)について
  人命危険度の高い一定規模以上の建物等に設置されている消防用設備等は、消防設備士または消防設備点検資格者に点検をさせなければなりません。 消防用設備等点検資格者は、一定の資格を有したうえで、・・・
 防火管理者資格取得講習会および再講習会の開催について
  熊本市では、平成21年度より防火管理者資格講習等は財団法人日本防火・防災協会の主催で行なわれております。 講習会の詳しい開催内容は、下記関連するホームページの「防火管理者資格取得講習会の開催に・・・
 救急講習は何をするの?
  「ケガをした、意識・呼吸の様子がおかしい」など、緊急時の応急手当を学ぶ講習会です。 いざという時のために救急講習を受講して応急手当を身につけましょう。 講習会の種類及び内容は以下のとおり・・・
 火災予防運動について教えてください
  消防局では、火災が発生しやすい気候となる春・秋に、様々な消防訓練や各種行事等を実施しています。  また、市民の皆様の防火意識を高め、安全と安心を図りたいと考えています。 ■春季火災予防運・・・
 火災予防で気をつけることはどんなことですか
  ■天ぷら油火災をを防ぐため、次の5つポイント  ・「少ない油だから大丈夫」と思っていませんか?油が少ないと温度の上昇が早くなり、油が多いときよりも早く火が着きます。  ・万が一、火が着いた場・・・
 危険物の運搬について規制はありますか。
  危険物の運搬は、その容器、積載方法及び運搬方法について、危険物の量の多少に関わらず、以下の消防法の規制があります。 ■危険物を運搬するための容器(運搬容器)について  ・危険物を収納する・・・
 危険物施設には、必ず危険物取扱者の資格を持っている者がいなければならないのですか。
  指定数量以上の危険物の貯蔵・取り扱いは、危険物取扱者(甲種・乙種・丙種)でなければ行ってはならず、危険物取扱者以外の者が危険物を取り扱う場合は、甲種または乙種危険物取扱者の立会いが必要とされてい・・・
 一般家庭にも危険物の貯蔵・取扱届出義務または注意事項はあるのですか?
  一般家庭でも、指定数量の2分の1以上指定数量未満の危険物の貯蔵や取り扱いをするときには、お住まいの地域の消防署予防係へ届出が必要です。指定数量の2分の1未満(灯油は500リットル未満)の場合は、・・・
 危険物って具体的に何ですか?
  消防法上の危険物とは、消防法別表第一に掲げる物品のことをいいます。指定数量(消防法令で定める量:ガソリン 200リットル,灯油1,000リットルなど)以上の危険物の製造、貯蔵並びに取扱施設を設け・・・
 ガソリンや灯油の取り扱いで注意する点はありますか。
  ガソリンや灯油を保管するときは、適正な容器で安全な場所に保管しましょう。 また、暖房器具などに注油するときは、油種を必ず確認しましょう。 ■ガソリンスタンドにおいて、ガソリンを購入できま・・・

全81件 (31〜40件目)123456789

ご質問はこちらから
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.