熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:2416
2008年4月30日作成(2018年5月17日更新)
  各種がん検診の自己負担金が免除となるのはどのような方ですか?
  登録されている分類 [ 成人、健診・検診 ]
各種がん検診の自己負担金が免除となるのはどのような方ですか? 
  回答いたします
次の方は該当する証明書を検診受付時に提示することで、各種がん検診の自己負担金が免除となります。

自己負担金が免除となる方
 ・生活保護受給世帯の方
 ・市民税非課税世帯の方
  
 ※り災証明書での免除はありません。
  
必要な証明書
 ・生活保護受給世帯の方⇒保護証明書(平成30年度発行分)
   発行場所:各区役所保護課
 ・市民税非課税世帯の方⇒市県民税(所得・課税)証明書 世帯分(注1)
   発行場所:各区役所区民課・税務課、各総合出張所、サービスコーナー 
 (注1)
   証明書発行は有料。
   最新年度分で、同一世帯全員の非課税状況を証明するもの。
   個人番号カードを利用した証明書コンビニ交付サービスでは取得できません。

 ※なお、平成30年度がん検診推進事業として、6月末頃に下記の方へ乳がん・子宮頸がん検診の無料クーポン券をお送りする予定です。
 【対象年齢(平成30年4月1日時点の年齢)】
  ・乳がん検診   40歳の方(昭和52年4月2日〜昭和53年4月1日生まれの方)    
  ・子宮頸がん検診 20歳の方(平成9年4月2日〜平成10年4月1日生まれの方)

お問合せ先
 ひごまるコール(096-334-1500) 
  関連するホームページ(関連リンク)
  担当課
■健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課
 TEL:096-361-2145
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.