熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:4574
2014年4月15日作成(2018年3月15日更新)
  小児の肺炎球菌感染症の予防接種について。
  登録されている分類 [ 予防接種 ]
小児の肺炎球菌感染症の予防接種について。 
  回答いたします
予防接種法で定められた小児の肺炎球菌感染症の予防接種は、指定医療機関において通年受けられます。
対象年齢であれば、費用は無料です。事前に、予約や実施時間などを医療機関にお尋ねください。

対象
 生後2ヶ月〜5歳未満まで

接種間隔、回数等
 小児の肺炎球菌ワクチンは接種開始時期によって接種回数が変わります。標準の接種方法は@の方法です。
 @接種開始時期 生後2ヶ月〜7ヶ月未満
  初回接種・・・2歳(標準的には1歳)までに27日以上の間隔で3回接種
  追加接種・・・初回接種(3回)終了後、60日以上の間隔をあけて、かつ1歳に至った日以降に1回
         (標準的な接種時期は生後12〜15ヶ月)
  ただし、初回2回目及び3回目の接種は、2歳に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない (追加接種は
  実施可能)。  
  また、初回2回目の接種が1歳を超えた場合、初回3回目の接種は行わない (追加接種は実施可能)。

 A接種開始時期 生後7ヶ月〜1歳未満
  初回接種・・・2歳(標準的には1歳)までに27日以上の間隔で2回接種
  追加接種・・・初回接種(2回)終了後、60日以上の間隔をあけて、かつ1歳に至った日以降に1回
  ただし、初回2回目の接種は、生後24か月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない(追加接種は実
  施可能)。

 B接種開始時期 1歳〜2歳未満
  60日以上の間隔をあけて2回接種

 C接種開始時期 2歳〜5歳未満
  1回

持参するもの
 ・母子健康手帳
 ・健康保険証(接種後に体調不良等が起きたときに必要になることがあります。)
 
〈保護者が同伴できない場合のみ〉
 ・委任状
 ※定期の予防接種には、原則保護者の同伴を必要としますが、保護者が事情により同伴できない場合は、
  子どもさんの健康状態を普段からよく知っている親族等が同伴し接種を受けることも可能です。
  その場合には、予防接種に係る同意等についての「委任状」の提出が必要になります。

 ご不明な点は、予防接種相談電話(電話:096-372-0700・372-0705)へお尋ねください。 
  関連するホームページ(関連リンク)
  担当課
■健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課
 TEL:096-364-3189
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.