熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:2256
2008年4月30日作成(2018年6月8日更新)
  数年前に新築した家屋の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか?
  登録されている分類 [ 固定資産税 ]
数年前に新築した家屋の固定資産税が急に高くなったのはなぜですか? 
  回答いたします
新築の住宅に対しては、一定の要件を満たしているとき、居住部分の120uを限度として固定資産税額の2分の1が減額されます。減額適用期間は下記のとおりです。

○一般の住宅・・・新築後3年度分(認定長期優良住宅は5年度分)
○3階建て以上の中高層耐火建築物である住宅・・・新築後5年度分(認定長期優良住宅は7年度分)

この減額適用期間が終了したことにより、本来の税額に戻ったことが理由と考えられます。


詳しくは、各区役所税務課へお問い合わせください。 

お問い合せ先
 ・中央区役所 税務課(電話:096-328-2181)
 ・東区役所 税務課(電話:096-367-9138)
 ・西区役所 税務課(電話:096-329-1174)
 ・南区役所 税務課(電話:096-357-4143)
 ・北区役所 税務課(電話:096-272-1114) 
  関連するホームページ(関連リンク)
  関連する質問
  担当課
■財政局 税務部 課税管理課
 TEL:096-328-2195
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.