熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:1791
2008年4月25日作成(2013年7月22日更新)
  障がい者が自立支援給付制度で在宅介護サービスを利用した際の利用者負担額について
  登録されている分類 [ 障がい、障がい者 ]
障がい者が自立支援給付制度で在宅介護サービスを利用した際の利用者負担額は、医療費控除の対象になりますか? 
  回答いたします
在宅介護サービスとして実施される障害者総合支援法のサービスのうち、ホームヘルプサービスと短期入所の一部について、利用者が事業者へ支払う「利用者負担額」が、医療費控除の対象となる場合があります。詳しくは、熊本市障がい保健福祉課(電話:096-328-2519)か、利用する事業者へお問合せください。お問合せの際には、交付された障害福祉サービス受給者証をお手元にご用意ください。

なお、医療費控除の対象となる場合、その額を証明する証明書(障害福祉サービス等利用料領収証)は、利用者負担額を受領した事業者が発行します。発行された証明書を、確定申告書に添付するか、確定申告の際に提示し、医療費控除を受けることになります。

 
  関連するホームページ(関連リンク)
  担当課
■健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課
 TEL:096-328-2519
 E-MAIL:shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.