熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:1776
2008年4月25日作成(2018年1月10日更新)
  成年後見制度について知りたい。
  登録されている分類 [ 高齢者 ]
成年後見制度について知りたい。 
  回答いたします
認知症や精神障がいなどにより判断能力が不十分な人は、介護保険サービス事業所との契約を一人で行うことが難しい場合があります。また、自分に不利益な契約であったとしても、その内容をよく理解できないまま契約してしまい、悪徳商法の被害にあう場合もあります。このような判断能力が不十分な方々を保護し、判断の支援をする制度が成年後見制度です。

法定後見人と任意後見人
 家庭裁判所が後見人を選任する「法定後見」と、あらかじめ本人が後見人を選ぶ「任意後見」とがあります。
「法定後見」は、判断能力の程度に応じて、「後見」「保佐」「補助」の区別され、「任意後見」は本人の判断能力が十分なうちに、任意後見受任者と契約を結び、判断能力が不十分な状況になったときに備えるものです。

申立要件
 本人、配偶者、4親等以内の親族、弁護士、司法書士、社会福祉士などの支援者が申立てを行います。
 また、本人・配偶者や4親等以内の親族による申立てが期待できず、放置できない状況の場合、市長が申立てを行います。

お問合せ先
・高齢介護福祉課 (電話:096-328-2347)
・障がい保健福祉課(電話:096-328-2519)
・中央区福祉課  (電話:096-328-2311)
・東区福祉課   (電話:096-367-9127)
・西区福祉課   (電話:096-329-5403)
・南区福祉課   (電話:096-357-4129)
・北区福祉課   (電話:096-272-1118) 
  関連するホームページ(関連リンク)
  関連する質問
  担当課
■健康福祉局 福祉部 高齢介護福祉課
 TEL:096-328-2347
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.