熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:368
2008年4月7日作成(2019年1月15日更新)
 水道管に使用されている鉛管の鉛溶出が心配なのですが。
登録されている分類 [ 水質 ]
水道管に使用されている鉛管の鉛溶出が心配なのですが。  
 回答いたします
鉛は軟らかく加工しやすいために、過去に水道の引き込み管として使用されていましたが、平成元年以降は使用しないようになりました。

鉛管に水が滞留すると鉛の成分が水中に溶け出すことが知られています。

また、鉛だけではなく鉄や亜鉛などの金属についても、同様に濃度が高くなる可能性がありますので、朝など最初に使用される水はバケツ一杯ほどを、飲み水以外に使用されるようおすすめします。

上下水道局が給水している水には鉛は含まれていませんので、十分に流した後の水は、安心して飲んでいただけます。  
 関連するホームページ(関連リンク)
 担当課
■上下水道局 維持管理部 水運用課 水質管理室
 TEL:096-381-7091
 E-MAIL:suidousuishitsu@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.