熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:2553
2008年4月30日作成(2019年6月17日更新)
 市内で乗車し、市外で下車する場合、「おでかけICカード」は使用できますか?
登録されている分類 [ 障がい者、高齢者 ]
市内で乗車し、市外で下車する場合、「おでかけICカード」は使用できますか?  
 回答いたします
おでかけIC@をご利用の方
 おでかけICカードは市外では割引きが適用されず、初乗り運賃から通常運賃が自動的に引き落とされるため、「おでかけICカード@」は市外で利用しないでください。
 市外区間では、障害者手帳を提示のうえ、現金もしくは別のICカード(※)でお支払いいただくと障がい者割引き(通常運賃の半額)でお支払いが可能です。

【ご利用方法】
1.市内で乗車して市外で降車する場合
 @乗車時におでかけICカードを車載器(乗車口)の読み取り部にタッチします。
 A市境でアナウンスがありますので、一旦精算をします。
  (乗務員にさくらカードを提示して車載器(降車口)の読み取り部にタッチします。)
 B市外区間の料金を現金で支払う場合は整理券をとります。
  別のICカード(※)をお持ちの方は、車載器(乗車口)の読み取り部にタッチします。
 C降車時に現金もしくは別のICカードで精算します。

2.市外で乗車して市内で降車する場合
 @整理券をとります。
  (別のICカード(※)を持っている方は車載器(乗車口)の読み取り部にタッチします。)
 A市境でアナウンスがありますので、精算をします。
 BおでかけICカードを車載器(乗車口)の読み取り部にタッチします。
 C乗務員にさくらカードを提示しておでかけICカードをタッチします。

※別のICカードとは、「くまモンのICカード」の他、「でんでんニモカ」「スゴカ」「スイカ」などの全国相互利用 10 社の「交通系ICカード」のことをいいます。

おでかけICAをご利用の方
 おでかけICカードは市外でも利用できます(市外区間は初乗り運賃から通常運賃が自動的に引き落とされます。)。

【ご利用方法】
 ご利用の際には、乗車時におでかけICカードを車載器(乗車口)の読み取り部にタッチし、降車時におでかけICカードを車載器(降車口)の読み取り部にタッチすることで市内区間と市外区間の精算を一度で行います。
 但し、熊本市内区間の2割の料金と、市外区間の通常料金とが合わせて引き落とされます。

 @乗車時におでかけICカードを車載器(乗車口)の読み取り部にタッチします。
 A降車時におでかけICカードを車載器(降車口)の読み取り部にタッチします。

お問合せ先
・中央区福祉課   (電話:096-328-2312)
・東区福祉課    (電話:096-367-9127)
・西区福祉課    (電話:096-329-5403)
・南区福祉課    (電話:096-357-4129)
・北区福祉課    (電話:096-272-1118)
・河内総合出張所  (電話:096-276-1111)
・天明総合出張所  (電話:096-223-1111)
・城南総合出張所  (電話:0964-28-3114)
・清水総合出張所  (電話:096-343-9161)
・託麻総合出張所  (電話:096-380-3111) 
・幸田総合出張所  (電話:096-378-0172)
・龍田総合出張所  (電話:096-338-2231)  
 関連するホームページ(関連リンク)
 関連する質問
 担当課
■健康福祉局 福祉部 健康福祉政策課
 TEL:096-328-2340
 E-MAIL:kenkoufukushiseisaku@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.