熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:5414
2019年8月23日作成
 【幼児教育・保育の無償化】私学助成幼稚園等を利用する方の手続きについて
登録されている分類 [ 子育て、保育園・幼稚園 ]
私学助成幼稚園等を利用する場合の無償化の対象となるための手続きについて知りたい。  
 回答いたします
令和元年(2019年)10月から幼児教育・保育の無償化がスタートします。
無償化の対象となるためには、お住いの市町村から事前に「施設等利用給付認定」を受ける必要があります。
熊本市在住の私学助成幼稚園、国立大学附属幼稚園利用者は、次のとおり申請してください。

なお、申請について、詳細は次のサイトをご参照ください。
熊本市ホームページ「【幼児教育・保育の無償化】私学助成幼稚園等を利用する方の手続きについて」
http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/Detail.aspx?c_id=5&id=25024
熊本市ホームページ「幼児教育・保育の無償化について」
http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=24811
内閣府特設サイト「幼児教育・保育の無償化 はじまります。」
https://www.youhomushouka.go.jp/
 
無償化の対象者と範囲
 満3歳から小学校就学前までの子どもで、施設等利用給付認定の法30条の4第1号認定を受けた場合は、保育料が上限の範囲で無償となります。
 
預かり保育の利用料について
 次の条件(1)(2)いずれも満たし、施設等利用給付認定の法30条の4第2号・第3号認定を受けた場合は、保育料に加え、預かり保育の利用料も上限の範囲内で無償となります。
  【条件(1)】平成31年(2019年)4月1日時点で3歳以上の小学校就学前子ども、
        または、平成31年(2019年)4月1日時点で3歳未満の市民税非課税世帯の子ども
  【条件(2)】保護者のいずれも就労等の「保育の必要性」がある

「施設等利用給付認定」申請の受付期間と提出先
 〇施設等利用給付認定開始月が令和元年(2019年)10月(10月より前から利用している子どもを含む)
  【申請受付期間】  利用する園の指定する9月下旬の期限まで
  【提出先】     利用先の幼稚園

 〇施設等利用給付認定開始月が令和元年(2019年)11月以降
  【申請受付期間】  利用開始月の前月15日まで(15日が土・日・祝日の場合は翌開庁日)
  【提出先】     利用先の幼稚園
 
 ※認定開始日は、申請書受理日より前にさかのぼることはできません。

提出が必要な書類
 (1)令和元年度(2019年度)用子育てのための施設等利用給付認定・変更申請書
      (法第30条の4第1号・第2号・第3号)
 (2)保育の必要性を証明する書類(第2号・第3号のみ)
 (3)状況により必要となる書類
 (4)個人番号(マイナンバー)届出書、申請者の個人番号確認書類および本人確認書類の写し

 ※申込児童1人につき1部必要となります。
 ※支給認定期間が、平成31年(2019年)4月1日以降に開始し、認定希望日時点で有効な「教育・保育給付
  の支給認定証(第2号・第3号認定のみ)」(認可保育所等利用申込に基づき発行)がある場合、
  「教育・保育給付認定証(第2号・第3号認定のみ)」の添付(コピー可)により、上記(2)〜(4)の書類の
    提出は不要です。  
 関連するホームページ(関連リンク)
 関連する質問
 担当課
■健康福祉局 子ども未来部 保育幼稚園課
 TEL:096-328-2568
 E-MAIL:hoiku@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.