熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:604
2008年4月9日作成(2011年12月18日更新)
 市内の活断層について知りたい
登録されている分類 [ 防災・消防・防犯(その他) ]
市内の活断層について知りたい  
 回答いたします
熊本市の地下には、市内直下を走る「立田山断層」と益城町付近を走る「布田川断層帯」という2つの断層があります。このうち立田山断層は、1889年の熊本地震との関係も指摘されています。
平成7年度から、学識経験者らでつくる「震災対策基礎調査研究委員会」を設置し、市域の地質、地震歴、活断層の分布などの調査を実施してきました。これらの断層では、震度5弱〜6弱の地震が発生する可能性があります。

想定される地震の概要
 (1)立田山断層
  ・地震の規模:マグニチュード 6.5
  ・断層の長さ:15.0Km
  ・震度   :5弱〜6弱
 (2)布田川断層帯
  ・地震の規模:マグニチュード 7.2
  ・断層の長さ:26.0Km
  ・震度   :5弱〜6弱  
 関連する質問
 担当課
■政策局 危機管理防災総室
 TEL:096-328-2490
 E-MAIL:kikikanribousai@city.kumamoto.lg.jp

総務局 危機管理防災室
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.