熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:2432
2008年4月30日作成(2020年7月30日更新)
 市で行っているフッ化物塗布について教えて欲しい。
登録されている分類 [ 子育て(その他)、健診・検診 ]
市で行っているフッ化物塗布について教えて欲しい。  
 回答いたします
乳歯は生後7〜8か月頃に下の前歯から生え始め、2歳半〜3歳頃に上下10本ずつ合計20本が生えそろいます。歯は生えはじめてから2〜3年の間がむし歯になりやすいため、早い時期からフッ化物塗布等を利用するとむし歯予防に効果があります。

フッ化物のむし歯予防効果
1 フッ素が、歯に取り込まれ、歯の質を強く丈夫にする
2 むし歯菌の働きを弱める
3 再石灰化を促進し、初期むし歯を修復する

1歳6か月児健診時、フッ化物に関する丁寧な説明を行い、希望の有無を確認した上で、フッ化物塗布を行っています。また、障がいのある子どものためのフッ化物塗布も行っています。詳しくは「Q.障がいのある子どものためのむし歯予防サービスについて知りたい」をご覧下さい。


内容  
 お子様の乳歯にフッ化物の薬剤(ゼリー状のもの)を歯ブラシで塗ります。

対象者 
 満1歳6か月児〜2歳児未満

費用
 無料


持っていくもの
 親子(母子)健康手帳、歯ブラシ(仕上げみがき用)

その他
 今後は地域の歯科医院で塗布(有料)をお勧めします。

問い合わせ先
 ・中央区役所保健子ども課  電話 096-328-2419
 ・東区役所保健子ども課   電話 096-367-9134
 ・西区役所保健子ども課   電話 096-329-1147
 ・南区役所保健子ども課   電話 096-357-4138
 ・北区役所保健子ども課   電話 096-272-1128
  
 関連するホームページ(関連リンク)
 関連する質問
 担当課
■健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課
 TEL:096-361-2145
 E-MAIL:kenkouzukuri@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.