熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:2346
2008年4月30日作成(2019年1月14日更新)
 納税通知書の内容に疑問や不服がある場合、どうしたらいいですか?
登録されている分類 [ 納税 ]
納税通知書の内容に疑問や不服がある場合、どうしたらいいですか?  
 回答いたします
疑問
納税通知書の内容に疑問がある場合には、まずはそれぞれの担当課へお尋ねください。
 ・市県民税に関すること         市民税課 市民税班(電話:096-328-2181)
 ・固定資産税、都市計画税に関すること  固定資産税課(電話:096-328-2195)
 ・軽自動車税に関すること        市民税課 軽自動車税班(電話:096-328-2181)

不服
納税通知書の内容について各担当課へお尋ねの上、それでもなお不服がある場合は、
その賦課決定があったことを知った日(通常、納税通知書の交付を受けた日)の翌日から
起算して3か月以内に、熊本市長に対して不服の申立てをすることができます。

固定資産の価格についての不服
不服の対象が固定資産の価格についての場合は、固定資産評価審査委員会に対する審査の
申出(納税通知書の交付を受けた日後3か月まで)を行うこととなります。
詳しくは税制課(電話:096-328-2174)へお尋ねください。  
 関連するホームページ(関連リンク)
 担当課
■財政局 税務部 市民税課
 TEL:096-328-2181
 E-MAIL:shiminzei@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.