熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:2410
2008年4月30日作成(2019年3月31日更新)
 胃がん検診(胃部エックス線検査)を受けたい。
登録されている分類 [ 健診・検診 ]
胃がん検診を受けたいのですが、どうしたらよいですか?  
 回答いたします
熊本市の胃がん検診は、地域の会場を検診車が巡回する集団検診を実施しています。
検診の日時、会場は毎月の市政だよりでご案内しています。

対象者
 熊本市に住民票があり、年度内に誕生日を迎えて40歳以上になる方(職場等で受診の機会のない方)
 胃部エックス線検査か胃内視鏡検査は選択制(同一年度に重ねて受診することはできません)

自己負担金
 1,000円

 <注意事項>
  70歳以上の方・市民税非課税世帯または生活保護受給世帯の方は、自己負担金が免除されますので、
   下記の証明書を巡回検診会場の受付に提示してください。
   (1)70歳以上の方⇒健康保険証等生年月日が確認できる証明書
   (2)生活保護受給世帯の方⇒保護証明書(2019(平成31)年度発行分)
    (発行場所:各区役所保護課)
   (2)市民税非課税世帯の方⇒市県民税(所得・課税)証明書 世帯分
    ・最新年度分で同一世帯全員の非課税状況を証明するもの
    ・証明書発行は有料
    (発行場所:各区役所区民課・市民税課・各税務室、各総合出張所) 
    ※市県民税(所得・課税)証明書 世帯分は、個人番号カードを利用した証明書コンビニ交付
     サービスでは取得できません。
   
検診に必要なもの
 健康保険証や運転免許証など住所・氏名・生年月日の確認できるもの

検診内容
 問診、胃のレントゲン撮影

検診場所
 地域を検診車が巡回します。
 検診日程、場所は毎月の市政だよりでお知らせします。
 ※お住まいの校区以外でも受診ができます。
 
検診期間
 2019(平成31)年4月〜2020(平成32)年2月

受診間隔
 年度1回

検診結果
 概ね1ヶ月で本人に郵送で通知します

注意事項
 @妊娠中または妊娠している可能性のある方は受診できません。
  また、授乳中の方は事前にご相談ください。
 A受診前日の午後10時以降は、飲食をしないでください。受診後は早期にバリウムの排泄を促すため、
  適正量の下剤服用と十分な水分摂取を心がけてください。
 B次の方は胃がん検診をお断りする場合がありますので、ご了承ください。
  ・ひどい便秘の方
  ・バリウムをご嚥(気管支や肺に入ってしまう)してしまう可能性のある方
  ・自力で立位を保持することや体位変換(体を動かすこと)が困難な方
  ・医師の判断により検診が実施できないと判断される方
 C胃がん検診は次の方は受診できません。
  ・バリウムに対して「過敏症(アレルギー症状)」の既往歴のある方
  ・以前に消化管の閉塞を起こしたことがあるかまたはその疑いのある方(腸閉塞など)
  ・現在、胃腸の病気で治療中の方
  ・糖尿病などで治療中の方は、主治医とご相談ください。


お問合せ先
 ひごまるコール(電話:096-334-1500)  
 関連するホームページ(関連リンク)
 担当課
■健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課
 TEL:096-361-2145
 E-MAIL:kenkouzukuri@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.