熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:120
2008年4月7日作成(2014年4月3日更新)
  家庭ごみの分別種類を知りたい。
  登録されている分類 [ 分別・出し方 ]
家庭ごみの分別種類を知りたい。 
  回答いたします
ごみの種類ごとに処理の方法が違います。きちんと分別し、決まった日に、決まった場所にお出しください。

ごみの分別の種類
 (1)燃やすごみ
  ・生ごみ、紙くず、プラスチック製品、繊維くず、皮類、ゴムくず、木くず、その他
   注:燃やすごみの指定袋(有料)にいれてください。
     但し、家庭からでる落ち葉や剪定枝は無料で収集
   ※一時多量ごみの処理方法は、下記の関連するFAQ「引越ごみを一度に処理したいのですが。」
    を参照してください。
   注:プラスチック製品(ポリバケツ、ビデオテープ、DVD・CD、プラスチック製のおもちゃ、タッパー
    等)は燃やすごみの指定袋(有料)にいれて出す。
 (2)紙
  ・新聞紙と折り込みチラシ、段ボール、その他の紙、紙パック(500ml以上)
   注:種類ごとにたたんでヒモで十字にしばって出す。
   注:「その他の紙」は紙袋に入れて出すこともできる。
   注:紙パックは中を開き乾かして、ヒモで十字にしばって出す。
 
 (3)プラスチック製容器包装
  ・カップ類、袋類、ボトル類、パック・トレイ類、発泡スチロール・緩衝材類、ふた・ラベルなどで識別マーク(「プラ」マーク)が付いているもの。
   注:汚れたものは出せません。
   注:プラスチック製の商品は出せません。
   注:二重袋は止めましょう。
 
 (4)資源物
  ・空きびん、空き缶、なべ類、古着類、自転車、乾電池
   注:種類ごとに45リットルまでの透明ごみ袋に入れる。
   ただし、空き缶と空き瓶は同じ袋に入れて出せる。
   注:自転車は「不用品」と書いた紙を貼って出す。
     廃棄する前に防犯登録の抹消をする。
     三輪車、一輪車は、大型ごみに。

 (5)ペットボトル
   注:ふたとラベルを外して、中を軽くすすいでつぶして出す。
     ふたとラベルはプラスチック製容器包装の収集日に出しください。
   注:45リットルまでの透明ごみ袋に入れる。

 (6)埋め立てごみ
  ・ガラス類、せともの類、小型家電製品、その他
   注:埋立ごみの指定袋(有料)に入れてください。

 (7)大型ごみ
  ・45リットルまでのごみ袋に入れて口が結べないもの(一部例外があります)
   注:ごみを出す前に電話でごみゼロコールに申し込む事前申込制です。

ごみゼロコール連絡先
 電話:096-353-7171
 FAX :096-353-7070
 受付時間:月曜〜土曜日の午前8:30〜午後5:00(年末年始を除く)

<植木町の場合>
 植木町域にかかる「ごみ処理に関する事務」は山鹿・植木広域行政事務組合に
 関連しますので、詳細は北区役所まちづくり推進課(電話096-272-1112)へお
 尋ねください。
 
  関連するホームページ(関連リンク)
  関連する質問
  担当課
環境局 ごみ減量推進課
TEL:096-328-2365
E-MAIL:gomigenryou@city.kumamoto.lg.jp
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.