熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:2613
2008年5月2日作成(2018年1月16日更新)
  要介護認定の区分はどのようになっていますか?
  登録されている分類 [ 老後、障がい、介護保険、障がい者、高齢者 ]
要介護認定の区分はどのようになっていますか? 
  回答いたします
要介護認定は介護認定審査会の審査判定に基づいて行い、介護の必要な度合いによって以下のように区分されます。

【要支援1】
 生活機能の一部に若干の低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる
【要支援2】
 生活機能の一部に低下が認められ、介護予防サービスを提供すれば改善が見込まれる
【要介護1】
 身の回りの世話に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。
【要介護2】
 身の回りの世話全般に見守りや手助けが必要。立ち上がり・歩行等で支えが必要。排泄や食事で
 見守りや手助けが必要。
【要介護3】
 身の回りの世話や立ち上がりが一人ではできない。排泄等で全面的な介助が必要。
【要介護4】
 日常生活を営む機能がかなり低下しており、全面的な介助が必要な場合が多い。
【要介護5】
 日常生活を営む機能が著しく低下しており、全面的な介助が必要。

<注意事項>
 ・あくまでも目安ですので、各個人の状態とは完全に一致しないこともあり得ます。
 ・原則として6〜24ヶ月ごとに見直されます。

認定に不服がある場合
 熊本県介護保険審査会(電話:096-383-1111)に不服申し立てを行い、審査請求することが出来ます。 
  関連するホームページ(関連リンク)
  関連する質問
  担当課
■健康福祉局 福祉部 高齢介護福祉課
 TEL:096-328-2347
 E-MAIL:koureikaigofukushi@city.kumamoto.lg.jp
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.