熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:1767
2008年4月25日作成(2014年11月21日更新)
  高齢者向けに住宅を改築・改修したい。
  登録されている分類 [ 老後、高齢者 ]
高齢者向けに住宅を改築・改修したい。 
  回答いたします
在宅の高齢者の方が、安全かつ快適に生活ができるように住宅を改造する場合に必要な経費の一部を助成する制度として、次の2つの制度があります。

介護保険における居宅介護(介護予防)住宅改修費制度
一定の範囲内で住宅改修に対しての保険給付を行います。この制度を利用される場合は、事前申請が必要です。

 注:事前申請されていない住宅改修は支給の対象となりませんので、
   事前にケアマネジャーにご相談ください。

 1.対象者
  在宅の要介護者等が実際に居住する住宅の、同一住宅同一対象者

 2.限度額
  20万円(保険給付額18万円)
   注:改修費が20万円以下の場合、残りの金額は今後新たな改修が必要となったときに使えます。

 3.対象となる工事
  ・滑り防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  ・手すりの取り付け
  ・段差の解消
  ・洋式便器等への便器の取替え
  ・引き戸等への扉の取替え
  ・上記住宅改修に付帯して必要となるその他工事

なお、一時的に住宅改修費用の全額を施工業者に支出することが困難な場合、住宅改修費の対象額(20万円を限度)にあたる9割分を、被保険者から受領委任された施工業者に直接市から支払う受領委任払いもあります。


住宅改造費助成制度
介護保険の住宅改修で、費用がまかなえない場合に、住宅改造費を助成する制度です。

 注:工事着工後の申請は対象となりませんので、工事着工前にご相談ください。

 1.対象者
  (1)熊本市に居住する在宅の方(在宅予定の方を含みます)
  (2)次の要件を満たす高齢者の方
    ・65歳以上で介護保険の要支援または要介護の認定を受けた方
    ・世帯の生計中心者の前年の所得税の額が20万円以下の世帯に属する者

   ※65歳未満の方は、障がい保健福祉課(電話:096-328-2519)へお問い合わせください。

 2.助成金の額
  上限40万円
  ※実際の助成額は、工事内容、利用世帯の生計中心者の当該年度市民税課税状況によって
   異なります。詳細については、相談窓口にお問い合わせください。

 3.対象となる工事
 上記「介護保険の居宅介護(介護予防)住宅改修費支給制度」に準じ、高齢者が自宅で
 生活しやすいように住宅を改造する工事が対象となります。
 (例)手すり取り付け、段差解消、スロープ設置、浴室やトイレの改造など

 注:新築、増改築を伴うもの、移設、維持補修のための工事などは対象となりません。


相談受付
 ・中央区役所福祉課 高齢福祉班 (電話:096-328-2311)
 ・東区役所福祉課  高齢福祉班 (電話:096-367-9127)
 ・西区役所福祉課  高齢福祉班 (電話:096-329-5403)
 ・南区役所福祉課  高齢福祉班 (電話:096-357-4129)
 ・北区役所福祉課  高齢福祉班 (電話:096-272-1118)
 ・熊本市高齢者支援センターささえりあ  (市内27ヶ所) 
  関連するホームページ(関連リンク)
  担当課
■健康福祉局 福祉部 高齢介護福祉課
 TEL:096-328-2347
 E-MAIL:koureikaigofukushi@city.kumamoto.lg.jp
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.