熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:3331
2009年8月20日作成(2018年6月7日更新)
  乳がん・子宮頸がん検診無料クーポン券での受診の仕方について
  登録されている分類 [ 成人、健診・検診 ]
乳がん・子宮頸がん検診無料クーポン券が届きました。どのようにして受けるのですか? 
  回答いたします
平成30年7月1日から平成31年2月28日までの間に、指定の検診実施医療機関で受診してください。
受診方法は、以下のとおりです。
 ※検診実施医療機関一覧は、無料クーポン券と一緒に送付しています。

受診場所
クーポン券と同封しているパンフレットに検診実施医療機関を掲載しています。乳がん・子宮頸がん検診それぞれの実施医療機関で受診してください。
その他に、一定の地域(植木、城南、富合、飽田、天明、北部、河内(富合は乳がん検診のみ))では集団検診を実施しています。集団検診は検診車による巡回検診になります。

予約の有無
実施医療機関で乳がん検診を受診する時は予約が必要です。
子宮頸がん検診は一部医療機関で予約が必要となります。詳しくはクーポン券と同封しているパンフレットをご覧ください。

受診期間
平成30年7月1日から平成31年2月28日までの間に指定の検診実施機関または集団検診会場で受診してください。
期限を過ぎたクーポン券は使用できませんので、早めに受診してください。
 (注)乳がん検診B方式の実施機関で受診する場合は、視触診を1月末までに受診し、2月末までに熊本市医師会ヘルスケアセンターでマンモグラフィ検査を受けてください。

持っていくもの
クーポン券と一緒に、健康保険証や運転免許証など、氏名及び住所が記載された本人確認書類を持参してください。

クーポン券が届く前に熊本市の乳がん・子宮頸がん検診を受けた場合
熊本市のがん検診は対象年度内に1回しか受診できないことから、クーポン券が届く前に熊本市の乳がん・子宮頸がん検診を受診された方が、クーポン券を使って乳がん・子宮頸がん検診を受診することはできません。

職場検診で乳がん・子宮頸がん検診を実施している場合
職場が実施する乳がん・子宮頸がん検診では、クーポン券は使用できません。職場で同様の検診を受ける機会がある方はそちらの検診を優先に受診してください。
なお、乳がん・子宮頸がん検診は、国の指針において医学的な観点から受診間隔は2年に1回が推奨されています。

クーポン券を紛失した場合
クーポン券を紛失したり棄損したりした場合は、再交付申請の手続きを行ってください。詳しくは、健康づくり推進課(096-361-2145)にご相談ください。
 
お問合せ先
ひごまるコール(096-334-1500)
 
  関連するホームページ(関連リンク)
  担当課
■健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課
 TEL:096-361-2145
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.