熊本市コールセンター「ひごまるコール」
熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
 戻る
FAQ-ID:2144
2008年4月28日作成(2018年6月14日更新)
 建築工事に伴い発生する廃材の処理や、届出はどうしたらよいですか?
登録されている分類 [ リサイクル、環境・ごみ等(その他) ]
建築工事に伴い発生する廃材の処理や、届出はどうしたらよいですか?  
 回答いたします
工事に伴い発生する廃材の処理については、【ごみ減量推進課】(電話:096-328-2365)にお問合せください。

特定建設資材(コンクリート、木材、アスファルト等)を用いた建築物の解体工事また特定建設資材を使用する新築工事等であって、一定規模以上については、対象工事に該当する場合に、建設工事に係る資材の再資源化等に係る法律(通称:建設リサイクル法)に基づく届出が義務付けられています。
 
対象工事
 (1)建築物の解体…床面積が合計80平方メートル以上
 (2)建築物の新築・増築…床面積が合計500平方メートル以上
 (3)建築物の修繕・模様替(リフォーム等)…請負代金額が1億円以上
 (4)建築物以外のものの解体・新築等(工作物、外溝工事等)…請負代金額が500万円以上
 (5)建築物以外のものの解体・新築等(土木工事など)請負代金額が500万円以上
 
 (1)〜(4)は、【建築指導課】(電話:096-328-2513)にお問合せください。
 (5)は、【技術管理課】(電話:096-328-2543)にお問合せください。  
 関連するホームページ(関連リンク)
 関連する質問
 担当課
■都市建設局 都市政策部 建築指導課
 TEL:096-328-2513
 E-MAIL:kenchikushidou@city.kumamoto.lg.jp
 このFAQの評価
Q  この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
    ※ここからのお問合せには、回答できませんので
     
ご注意ください。

    ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、
     
こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.