熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:1790
2008年4月25日作成(2014年6月15日更新)
  障がいのある方の自動車運転免許に関する費用の助成について教えてほしい。
  登録されている分類 [ 障がい、障がい者 ]
障がいのある方の自動車運転免許に関する費用の助成について教えてほしい。 
  回答いたします
障がい者の社会参加を促進するために、自動車教習所における自動車運転免許(普通第1種に限る)教習費用の一部を助成します。

対象者
 次のいずれにも該当する方とします。
  (1)本市の住民基本台帳に登録されている方
  (2)身体障害者手帳の交付を受けている身体障がい者で、障害区分および障害等級が別表1
   に掲げる区分に該当する方
   ・または療育手帳の交付を受けている人その他の別表2に該当する知的障がい者
   ・または精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている精神障がい者
  (3)運転免許の取得により、就労等社会参加が見込まれる方
  (4)過去に運転免許証の交付を受け、自己の責任において当該免許証を失効させた方および
   道路交通法に違反したために当該免許証の取消処分を受けた者でない方
 注:所得税課税対象額が、特別障害者手当の所得制限限度額を超える方は対象となりません。
 ※「別表1および2」は下記の関連するホームページを参照ください

助成額
 免許取得に要した費用の3分の2。ただし、10万円が上限です。
 注:教習所での所定の教習を修了したことを条件とします。

申請の手続き
 熊本市障害者自動車運転免許取得教習申請書(様式第1号)に、次の書類を添えて
 提出してください。
  (1)身体障がい者
   ・適性相談通知書(熊本県公安委員会発行)の写し (必要な方のみ)
   ・身体障害者手帳の写し
  (2)知的障がい者
   知的障害がい者であることが確認できる書類で、次のいずれか1つ
   ・療育手帳の写し
   ・養護学校の在学証明書又は卒業証明書
   ・児童相談所、知的障害者更生相談所等の判定書又はその写し
   ・本市の発行する支援費制度に係る知的障害者居宅支援居宅受給者証
     又は知的障害者施設支援施設受給者証の写し
   ・その他医師の診断書など知的障害者であることが確認できるもの 
  (3)精神障がい者
   ・適性相談通知書(熊本県公安委員会発行)の写し
   ・専門医の診断書
   ・精神障害者保健福祉手帳の写し

 ※「申請書」はこちらよりダウンロードできます。
 (http://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=281&dan_id=2&set_doc=1&set_file_field=5

注意事項
 ・決定の通知を受けたら、直ちに教習所に入校の手続きを行い、所定の教習を受けてください。
 ・決定前に教習所に入校した場合は、対象となりません。
 ・決定後、最初の3月31日までに所定の教習を修了しなければなりません。 
  関連するホームページ(関連リンク)
  関連する質問
  担当課
■健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課
 TEL:096-328-2519
 E-MAIL:shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.