熊本市コールセンター「ひごまるコール」
ホーム よくある質問 各種イベント・講座 コールセンターデータ集
FAQ-ID:5108
2017年2月14日作成(2017年10月24日更新)
  B型肝炎の予防接種について。
  登録されている分類 [ 予防接種 ]
B型肝炎の予防接種について。 
  回答いたします
これまで任意接種(希望者が自費で受ける予防接種)で実施されていたB型肝炎の予防接種が、平成28年10月1日から予防接種法に定める定期接種になり、対象年齢の方は無料で受けることができるようになりました。対象年齢の方で、予防接種を受けたことのない方(回数が満たない方)は、体調のよいときに早めに接種を受けましょう。

 ■対象年齢
  接種日時点で生後1歳未満の方(平成28年4月1日以降に生まれた方に限る)
  ※HBs抗原陽性の妊婦から生まれたお子さんで、母子感染予防のためにB型肝炎ワクチンの接種を受けて
   いる場合は定期接種の対象外となります。

  〈特例措置について〉
   平成28年4月1日から平成28年7月31日までに生まれた方で0歳の間に3回の接種がお済みでない場合
   は、平成29年4月1日から平成29年7月31日までの間に不足分を無料で接種することが可能です
  (熊本市独自の制度)。詳しくは感染症対策課までお尋ねください。

 ■接種回数
  3回

 ■接種方法
  1回目を接種した後、27日以上の間隔をおいて、2回目を接種。
  1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種

 ■持参するもの
 ・母子健康手帳
 ・健康保険証(接種後に体調不良等が起きたときに必要になることがあります。)
  
〈保護者が同伴できない場合のみ〉
 ・委任状
 ※定期の予防接種には、原則保護者の同伴を必要としますが、保護者が事情により
  同伴できない場合は、子どもさんの健康状態を普段からよく知っている親族等が
  同伴し接種を受けることも可能です。
  その場合には、予防接種に係る同意等についての「委任状」の提出が必要になります。

 ご不明な点は、予防接種相談電話(電話:096-372-0700・372-0705)へお尋ねください。 
  関連するホームページ(関連リンク)
  関連する質問
  担当課
■健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課
 TEL:096-364-3189
 E-MAIL:kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp
  このFAQの評価
Q この説明は分かりやすかったですか?
       
  上記の評価にされた理由をお聞かせください。
   ※ここからのお問合せには、回答できませんのでご注意ください。
   ※ひごまるコールや熊本市へのお問合せは、こちらのお問合せページからお願いします。
Copyrights 2008 Kumamoto City Allrights Reserved.